世界自然遺産白神山地を代表する母なる木「マザーツリー」(青森県西目屋村)

世界自然遺産白神山地とは

世界自然遺産・白神山地は青森県(西目屋村・深浦町・鰺ヶ沢町)から秋田県北西部(藤里町・八峰町)にまたがる広大な山地帯の総称で、人の影響をほとんど受けていない東アジア最大級の原生的ブナ林が分布しています。
貴重な森林生態系・豊かな自然が保たれていることが国際的に認められ、1993年(平成5年)12月に鹿児島県の屋久島とともに日本で初めてユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されました。

自然溢れるブナの森

白神山地の原生的なブナの森は、ブナ・ミズナラ・サワグルミなどからなり、ツキノワグマやニホンザル、ニホンカモシカ・クマゲラなど多くの希少な種類の植物や動物が生息・自生しており、手つかずの白神山地の神秘的な魅力を体感することができます。

白神山地のブナ林を望める青森県西目屋村 暗門の滝 白神山地の麓・青森県深浦町   天然湖沼のひとつ十二湖青池 推定樹齢約400年の白神山地を代表する母なる木マザーツリー世界自然遺産白神山地・冬のブナ林

入山について

世界遺産地域は、核心地域と緩衝地域に区分され青森県側の核心地域は既存の歩道と27の指定ルートを利用した登山等により入山できます。なお、指定ルートを利用する場合には入山手続き等が必要となります。核心地域においては、次世代に貴重な自然環境を引き継いでいくため、既存の歩道を含め、ルートの整備は行っておりません。
お問い合わせ/ 白神山地ビジターセンター TEL:0172-85-2810

白神山地ビジターセンター

036-1411
青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
TEL:0172-85-2810
FAX:0172-85-2833

青森県環境生活部
自然保護課自然環境グループ

030-8570
青森県青森市長島一丁目1-1
TEL:017-734-9257
FAX:017-734-8072

▲ページ上部へ戻る