世界自然遺産・白神山地って!?

「白神山地」というのは、青森県(西目屋村、深浦町、鰺ヶ沢町)から秋田県(藤里町、八峰町)に跨っている広大な山地帯の総称のことなんです。

もっと狭い範囲をイメージしている人が多いようなんですが、結構広大な範囲に及んでいるのです。

その広大な山岳地帯には、人の影響をあまり受けていない原生的ブナ林が広がっているのです。

「東アジア最大級の原生的ブナ林」と表現されることもあるようですね。

そんな「白神山地」が世界自然遺産に登録されのたが、1993年12月のことなんです。

鹿児島県・屋久島と共に日本で初めて世界自然遺産に登録されたので一躍注目を浴びることになりました。

その広大な範囲に渡る貴重な「森林生態系」「豊かな自然」が保たれていることが国際的に認められたのです。

白神山地について更に詳細を見ていくと、、

白神山地が青森県南西部から秋田県北西部にまたがる広大な山地帯の総称であることは紹介しましたが、その面積はなんと130,000haにも及ぶほどの広大さを誇っています。

そのうちの16,971haが「原生的ブナ林」で占められており、その区域が世界遺産として登録されたわけです。

青森県側の面積は、その約4分の3(12,627ha)を占めています。

白神山地の地質と地形について

白神山地の地質は、9,000万年前(白亜紀)にできたと考えられる花崗岩が基盤になっているようです。

その花崗岩が基盤として、2,000万年前~1,200万年前(新第三紀中新世)の堆積岩と、それを貫く貫入岩類で構成されています。

・堆積岩とは、凝灰岩、泥岩、砂岩などのこと。
・貫入岩類とは、地下深っくからマグマが上昇して形成される岩のこと。

 

白神山地の地形の特徴としては、深い谷が入り組んでいて、谷壁が急傾斜をなしている場所も多いのです。

そのような地形から、落差の大きな滝が数多くあり、それが絶景であり観光の名所ともなっているのです。

また、白神山地には多くの河川が流れています。

青森県側には大川、暗門川、赤石川、追良瀬川、笹内川があります。

秋田県側には粕毛川があります。

それらの河川の流域を分ける尾根沿いに標高1,000m~1,200m級の美しい山々が連なっているのです。

例えば、大川流域には「青鹿岳」、赤石川流域には「魔須賀岳」、追良瀬川流域には「天狗岳」などがあります。

旧岩崎村と旧深浦町を分ける分水嶺には「白神岳」、白神山地内では最高峰である「向白神岳」、県境の尾根沿いには「二ツ森」、「真瀬岳」、「雁森岳」、「小岳」などがあります。

その他、白神山地の魅力

白神山地の魅力・特徴として挙げられるのは、美しい原生的ブナ林が、ほぼ人為の影響を受けていない状態で大規模に残っているという点です。

「東アジア最大級の原生的ブナ林」と評せられることも多いですが、その規模の広大さを物語っています。

白神山地全体の中でも、世界自然遺産に指定されている地域は特に原生状態がそのまま保たれていて、地球的に見ても極めて重要でだと評価する声もあります。

このブナ林には、日本の他の地域ではなかなか見れなくなったような動物や植物がいまだに多くみられることからも注目を集めています。

動物では、ツキノワグマ、ニホンザル、クマゲラ、イヌワシなどが生息しています。

白神山地のブナ林には、動物の餌となる植物が多い為、他の森林と比べても豊富な動物が生息しているようですね。

植物では、ブナーミズナラ群落、サワグルミ群落など、多種多様な種類が生育しています。

このような環境から、白神山地のことを「森林博物館的景観」という言葉で表現する事もあるようですが、非常に的を得た言葉であるように感じます。

更には「水源涵養機能」「地表侵食防止機能」などが高いのもブナ林の特徴です。

ブナ林は美しいだけではなく、そのような多面的な機能を有している点が近年高く評価されるようになっている要因なのでしょう。

補足情報

白神山地への入山について

世界自然遺産に指定されている地域は、「核心地域」「緩衝地域」という区分がなされています。

青森県側の核心地域は、「既存の歩道」「27の指定ルート」を利用して登山することが可能です。

指定ルートを利用する場合には「入山手続き」が必要となります。

「核心地域」は、現在の貴重な自然環境を次世代に引き継いでいく必要があるため、既存の歩道を含めて、ルートの整備などは行われていません。

世界遺産について

世界遺産というのは、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」のことを指します。

世界的に重要な文化や自然遺産を保護するという目的の為、1972年にユネスコ総会で採択されたのがこの条約です。

世界遺産条約の締結国数は200か国程度であり、日本は1992年に125番目の締結国となりました。

締約国の役割というのは、自国の遺産を守るという他にも、締約国が拠出する「世界遺産基金」で途上国の貴重な遺産を保護するというものもあります。

よく知られた有名な世界遺産には、アメリカの「グランドキャニオン国立公園」、オーストラリアの「グレート・バリア・リーフ」、ペルーの「マチュピチュ歴史保護区」、カンボジアの「アンコール遺跡」などがあります。

白神山地もその一つに数えられているわけです。

白神山地の歴史について

白神山地の歴史について、ここでは詳しく見ていきたいと思います。

以前に実施された地質調査の結果、白神山地には約8000年前にはブナ林が既に形成されていたことが分かっています。

ということは、氷河期が終わった約10000年前あたりからブナ林が形成されてきたと考えられるわけです。

白神山地のブナ林が、いかに長い期間をかけて形成されてきたのかがよくわかりますね。

そしてその後、このブナ林はほぼ手つかずのまま、耕作されることなく山地のままで残り続けるのです。

それは、ブナに使い道がなかったということが理由でしょう。

日本の歴史において、「白神山地」が初めて記述されたのは、『菅江真澄遊覧記』だと言われているのです。

『菅江真澄遊覧記』は、博物学者である菅江真澄によって書かれた有名な日記なのです。

書かれた時期というのは、1783年~1829年あたりだと言われています。

博物学者であった菅江真澄は、津軽藩の藩医の下で約5年間に渡って薬草指南の仕事をしていたようです。

津軽藩というのは、現在の青森県の西側にあたるようです。

その時に『菅江真澄遊覧記』で、「白上」「白髪が岳」などといった表記で、白神山地のことを書いていたのです。

菅江が津軽藩を去った後、次に佐竹藩で仕事をするようになったようです。

佐竹藩は現在の秋田県にあたり、このときにも白神山地へ入っていたようです。

菅江が記述するところによれば、この時代に、白神山地で伐採したブナの木を川で運んでいた木こりがいたということのようです。

 
 
 
 
 
 

【PR欄】

出会い系サイトの使い方などの解説サイト。
出会い系でセックスする時の注意点
出会い系でセックスしたいと望んでいる女性の見分け方など参考になります。

 
 
 

世界自然遺産「白神山地」に関する色んな情報をまとめたサイトです。